MENU

MESパッケージの機能

MESパッケージは、工程管理、仕掛管理、進捗管理、実績管理、設備管理および品質分析などの機能を持ちます。

 

SFC(Shop Floor Control:ショップ・フロア・コントロール)やPOP(Point Of Production:生産時点情報管理)の考え方が基礎にあります。

 

MESは、上位にある基幹業務システムが立てた製品の生産計画を小さい日程レベルに落とし込み、製造指示を実際の生産現場の作業者や制御システムに渡します。

 

製造指示には、レシピ、作業指示およびNC装置の部品プログラムなどを含みます。

 

また装置の保守管理に関する情報も合わせて現場に伝えます。

 

逆にMESの下位にあるCNC(Computer Numerical Controller)やPLC(Programmable Logic Controller)などの自動化装置、およびそれらを監視・制御するSCADA(Supervisory ContrOl and Data Acquisition)やDCS(Distributed Control System)などから運転状況をリアルタイムに吸い上げ、上位システムに生産実績・進捗情報として伝えます。

 

運転状況には、各工程の進捗状況やバッチ記録など、現場の状況を現すデータなどが含まれます。

 

なお、MESには上位の基幹業務システムから伝えられる情報の他に、「マスタ情報」としてMESに事前登録する情報があります。

 

それらには、工場、設備、製品、工程手順、製造仕様、サンプリング方法、治具、部品表、作業者などの製造仕様、工場生産モデルなどが含まれます。

 

なお、MESパッケージの機能には、ERPパッケージやSCMパッケージの機能と重複するものもあります。