MENU

SCMパッケージの位置づけ

SCM(Supply Chain Management)は、サプライチェーン即ち、調達、製造、配送および販売の一連の業務を効率良く行うための経営管理手法です。

 

この概念を具現化する情報システムを迅速に構築するツールがSCMパッケージといえます。

 

SCMパッケージの機能には、企業全体の生産、物流、配送計画、工場のスケジュール、商品の需要予測および納期回答などがあります。

 

計画・スケジュールは、様々な条件下でシミュレーションを実行し、最適なものを選択します。

 

また、パートナー企業間の連携サポート機能を有するものもあります。

 

メーカーと小売業者との需要予測と在庫補充の共同作業をCPFR (Collaborative Planning, Forecasting and Replenishment)といいます。

 

なお、SCMパッケージの機能は業種・業態によって異なります。

 

たとえば半導体や電機などの生産財向けのものは、日用品や食品などの消費財向けのものと、その商品特性から明らかに異なり、業種、業態および導入目的に適ったSCMパッケージを選択する必要があります。

 

ERPパッケージの計画機能を補完する関係でSCMパッケージが発展したことから、ERPベンダーもSCM機能の充実を図りました。

 

また、トップSCMベンダーは、顧客との関係からCRMパッケージを、企業間電子商取引との関係からbマーケット・プレイス構築ソフトなどを充実させました。

 

ERPおよびSCMベンダーのSCM提供機能は、ベンダーによって異なっており、それらの特徴を把握するとよいといえます。

 

参考 ERPパッケージ